HOME > DOGHOUSE RUPOとは?

しつけに対する理念

わんちゃんとの正しい関係を作っていくのは、トレーナーではなく、あくまで飼い主様です。

​「預かり訓練をお願いしたけど、あまり効果がなかった」「トレーナーさんのいうことは聞くけど、家族のいうことは全然きかない…」そんな話をよく耳にしませんか?
トレーナーに任せるだけでは、たとえ良い子になったように見えても、一時的に表面上良い子にしているだけなのです。
わんちゃんは相手をよく見て態度や行動を変える生き物ですので、リーダーである飼い主様が責任と意識を持ってわんちゃんのしつけをしていく必要があるのです。

​よって、RUPOでは何よりも、「飼い主様とわんちゃんの関係作り」に重点を置いています。
ですので、もしかしたら通常よりも時間がかかるかもしれません。でも、その分飼い主様とわんちゃんの絆は何よりも深いものになるとお約束します。

​しつけには時間と根気が必要です。強制的な訓練をすれば効果も早いかもしれません。しかし、私たちが1番大切にしたいのは、「飼い主様と私たちの信頼関係」、そして「飼い主様とわんちゃんの絆」です。
わんちゃんに必要なのは、ただ厳しく従わせるしつけでもなければ、ただ甘やかす愛情でもありません。正しいことは褒め、間違っていることは叱る。いたってシンプルではありますが、1番大切なことです。

​そして、わんちゃんが「正しい行動」をとれるように誘導して、それをとびきり褒めてあげる。

それがRUPOのモットーです。
わんちゃんの問題行動を、「どうやって治すか」ばかりに目を向けず、「なぜその行動をとってしまうのか」「どうしたらとらずに済むのか」を、行動学的観点と、飼い主様との濃密な時間によって分析し、最も良い道を探す。
いわば、「しつけのオーダーメイド」。

しつけは一時的なものではなく、永久的に続けるものです。その場限りのお付き合いにしたくない。だからこそ、仔犬の時から問題行動の予防に重点を置き、飼い主様とわんちゃんの一生を全力でサポートさせていただきます。

スタッフ紹介

小幡園長

 愛知の動物専門学校を卒業後、母校で教鞭をとる。これまで数多くの学生を送り出し、プロのトレーナーを輩出。同時に家庭犬トレーナーとしても実績を積み、計100頭以上の訓練経験を持つ。また、使役犬育成等にも携わる。2年半のNYへの留学やオーストラリア研修などを経て、グローバルな視点から物事を見ることができ、古い常識にとらわれず常に新しいことに目を向け挑戦する。もちろん英語にも対応できます!
好きな言葉はToday is a good day to die」。毎日を後悔しないよう全力で生きることがモットーの、情に厚い性格です。笑顔と根性はだれにも負けません!
興味を持ったらぜひ、一度お気軽にお越しください。飼い主様とわんちゃんに、「もう一度会いたい!」と思ってもらえることが常に目標です!

取得資格:IPC DOG TRAINER GRADE2 LEVEL1ライセンス, 犬猫飼育主任管理士GRADE2, 損害保険募集人資格, 準教員免許

仲澤副園長

愛知の動物専門学校卒業後、犬のテーマパークにてステージパフォーマーとして活躍。幼少期に劇団に所属していたことを活かし、犬の訓練に対する柔軟な発想やマイクパフォーマンスで多くのファンを獲得。また、パフォーマンスドッグのみならず、多くの家庭犬訓練にも携わり、計100頭以上の実績を持つ。
好きなことは、犬の気持ちを代弁すること。これは多くの犬を見てきたことにより、自然と犬の心理やボディランゲージを読めるようになったことから。そして、犬に負けず劣らず食べることが大好き!!機会があれば大食いチャンピオンに出たいほど。(笑)
モットーは、明るく楽しくポジティブに!!なんでもお気軽にお話ください。みなさんの笑顔にお会いできることを心よりお待ちしております。

取得資格:愛玩動物飼養管理士2級, IPC DOG TRAINER GRADE2 LEVEL1ライセンス, 犬猫飼育主任管理士GRADE2, 損害保険募集人資格